レーザー発振器の種類と各分野への応用

レーザー発振器の種類と各分野への応用について

レーザー発振器の医療分野への応用

レーザー発振器の医療分野への応用

レーザー発振器からのレーザー光は、医療用光源としても使用可能であり、その熱的作用を利用し、生体組織への手術で切開、蒸散、凝固、止血などの他にレーシック(眼科)、ホクロやメラニン斑の除去などの種々の医療措置に応用できる。

レーザー光の水への吸収特性が光の波長に依存するので、レーザー光の特性(波長、光エネルギー密度)を最適化することで歯科治療でも使用できる。

その他、レーザー光は、ワキ、Vライン等のむだ毛の脱毛にも利用できる。

ただし、脱毛の場合、皮膚に対するアフターケアが必要になる。

レーザー発振器を利用する医療機器が種々開発され、販売されている。

レーザー光利用の脱毛器は、医療機関ばかりでなく、エステの関連でも利用され、個人でも自宅で利用できる軽便なレーザー発振器利用脱毛器も販売されている。

しかしながら、個人的な使用では、皮膚に対するアフターケアの点で注意が必要であろう。

レーザー光のコヒーレンスを利用すれば、他の医学的治療にも大いに貢献することができよう。

Comments are closed.

© 2017 レーザー発振器の種類と各分野への応用