レーザー発振器の種類と各分野への応用

レーザー発振器の種類と各分野への応用について

レーザー発振器の工業分野への応用

レーザー発振器の工業分野への応用

工業分野でのレーザー発振器の応用は、レーザー加工機、レーザー溶接、レーザーマーキング、ハンダ付け、ワイヤーストリッピング、レーザー水準器、レーザー測長器で行われている。

レーザー加工機は、不可視レーザーで様々な素材に彫刻、切断、穴あけ、マーキングを行える工作機械として使用される。

レーザー加工は、金属の溶接、切断、樹脂材料の溶着を行う熱加工と、非金属材料の穴あけ、溝あけなど、材料に対する熱損傷を抑える非熱加工とに分けられる。

熱加工では、レーザー発振器からのレーザー光が固体材料の表面で吸収されて熱に変換し、その熱エネルギーで材料をう溶融する。

主として、熱的作用の起こりやすい赤外線レーザーが使用される。

非熱加工の代表的な加工としてはアブレーション加工がある。

アブレーション加工では、溶融しにくい材料でもレーザー発振器からのレーザー光を吸収した箇所が瞬時に溶融、蒸発、飛散する。

これによる除去で加工部周辺への熱影響が少なくて熱損傷が少なくなる。

Comments are closed.

© 2017 レーザー発振器の種類と各分野への応用