レーザー発振器の種類と各分野への応用

レーザー発振器の種類と各分野への応用について

レーザー発振器の建築・土木分野への応用

レーザー発振器の建築・土木分野への応用

この分野では、レーザー発振器からのレーザー光を利用するレーザー誘雷が期待されており、雷雲に向かって強力なパルスレーザーをレーザー発振器から照射し、稲妻の通り道となるプラズマを発生させて稲妻を誘導する技術である。

この技術は、実験により可能であることが実証されている。

その他、レーザー光のコヒーレンスを利用して、測量器、水準器、温度計などの精度の良い計測機器を得ることが可能となる。

建築の分野では、今後接触式の測定、計測を行わずに、レーザー発振器からのレーザー光を利用する非接触式の計測機器が発展すると考えられる。

もうすでに建築技術はその領域に入りつつあり、建築作業員もその扱いに慣れるように再教育されるかも知れない。

土木分野では、トンネルの掘削に既にレーザー光が利用されており、非常に精度の良い掘削が行われている。

またさらに、板紙、プラスチック板、スタイロフォーム、ポリスチレンペーパー、スチレンボードなどをレーザー発振器からのレーザー光で切り抜いて建築模型を制作することも普及しており、実際の建築物の説明、検討などに利用されている。

Comments are closed.

© 2017 レーザー発振器の種類と各分野への応用