レーザー発振器の種類と各分野への応用

レーザー発振器の種類と各分野への応用について

レーザー発振器の情報・家電分野への応用

レーザー発振器の情報・家電分野への応用

この分野では、レーザー発振器は、レーザーポインター、光学ドライブの読み取り、書き込み、光ファイバーを用いる通信用光源、ページプリンタでの書き込み、バーコードスキャナ、レーザーマウス、デジタルカメラでのAF補助光システム、レーザーテレビへ応用されている。

レーザーポインタでは、主に半導体レーザーが利用されるが、この場合、レーザー発振器は、乾電池を動力源として用いる簡便なレーザー発振器であるといえる。

光学ドライブの読み取り、書き込み、光ファイバーを用いる通信用光源、ページプリンタでの書き込み、バーコードスキャナ、デジタルカメラでのAF補助光システムでのレーザー光の利用は、言うまでもなく一般に馴染みのあるものであるが、レーザーテレビでは、ディスプレイ光源としてレーザーを用いる。

しかしながら、コストが高く付くため普及は遅れていた。

2008年頃から商業用レーザーテレビの普及が進み始めた。

光学ドライブでのレーザー発振器の応用は、非接触で読み取り、書き込みが行えるため、ディスクや機器の寿命が延びるという利点を持つ。

Comments are closed.

© 2017 レーザー発振器の種類と各分野への応用