レーザー発振器の種類と各分野への応用

レーザー発振器の種類と各分野への応用について

レーザー発振器の科学分野への応用

レーザー発振器の科学分野への応用

レーザー発振器は、科学の分野にも応用されており、たとえば、応用分野としては、測量計(光波測距儀)、粒径分析、非破壊検査、ライダー、レーザー走査顕微鏡、レーザー送電、レーザー分光、レーザー核融合、レーザー冷却、レーザー推進、レーザー同位体分離がある。

光波測距儀では、直進性に優れるレーザー光を用いることで、長距離、髙精度の測定が可能になり、たとえば、月面までの距離を測定することができる。

ライダーは、パルス状に発光するレーザー照射に対する散乱光を測定し、遠距離にある対象までの距離やその性質を分析する。

レーザー走査顕微鏡とは、光源としてレーザーを用い、絞ったレーザー光スポットで測定試料を走査し、透過光または後方散乱光の強度を検出することによって光学顕微鏡によるような顕微鏡像を得る。

レーザー送電とは、マイクロ波やレーザー光を用いて発電衛星から送電するという近未来の技術である。

レーザー分光では、超短パルスレーザーを使用して過度スペクトルを測定することで、フェムト秒レベルの極めて速い化学反応の進行状態を観察することが可能である。

非常に高い出力のレーザーを用いることで核融合が可能と考えられている。

レーザー光を用いて気体分子の温度を絶対零度近くまで冷却することが可能である。

レーザー推進とは、エネルギー源として外部からのレーザーによるエネルギー供給を利用する航空機または宇宙船の推進方法である。

ただし、この場合、大出力レーザー発振器の開発が不可避である。

Comments are closed.

© 2017 レーザー発振器の種類と各分野への応用