レーザー発振器の種類と各分野への応用

レーザー発振器の種類と各分野への応用について

レーザー発振器の種類

レーザー発振器の種類

レーザー発振器は、そこで使用する媒体によっていくつかの種類に分けられる。

その内訳は、「固体レーザー式」、「液体レーザー式」、「ガスレーザー式」、「半導体レーザー式」、「自由電子レーザ式」、「化学レーザー式」、「ファイバーレーザー式」である。

発振方式による分類であれば、断続的にレーザー光を出すパルスレーザー発振器と、連続的にレーザー光を出すCWレーザー発振器とに分けられる。

パルスレーザー発振器は、複数の波長で位相を揃えて同時に発振させるモード同期という手法を用いるか、Qスイッチという構造を用いて、瞬間的に非常に強いレーザー光を得ることができる。

CWレーザー発振器では、パルス動作に比べると瞬間的なパワーは低いけれども、高い時間的コヒーレンスを得ることができる。

さらに、波長による分類も可能である。

レーザー発振波長は、使用されるレーザー媒体によって決まる。

しかしながら、色素レーザーはチタンサファイアレーザーなど、広い波長範囲で利得を持つ媒体もある。

これらの場合、共振器のQ値の分光特性や、利得スペクトルの形状などに発振波長が依存する。

また、自由電子レーザーでは、媒体となる電子ビームの利得波長を自由に選ぶことができるので、任意の波長でレーザー発振することができる。

この分類としては、赤外線レーザー、可視光線レーザー、紫外線レーザー、X線レーザーがある。

Comments are closed.

© 2017 レーザー発振器の種類と各分野への応用